過敏性腸症候群 ガス型 腹筋

ガス型の過敏性腸症候群に効果的な腹筋について等

スポンサーリンク

過敏性腸症候群とはその名の通りに腸に関する疾患で、以前は過敏性大腸と呼ばれていました。
その後の研究によって大腸のみならず小腸の機能障害も関係していると分かり、現在の名前へと変更がされています。
 この疾患の一番の特徴は腹痛等の症状が確実に現れているにも関わらず、様々な検査をしても原因が分からない点にあります。
原因が分からないと効果的な治療が出来ないケースもあり、長期間に渡って悩まされる事も少なくないです。
 過敏性腸症候群が発生する要因については消化管の運動異常や知覚過敏、精神的なものの3種類を挙げる事が出来ます。
ただし、これらの要因がどのようにして発症に繋がるかは不明で、今も発症のメカニズムが研究されています。
 それ以外にも患者の中には感染性の腸炎を発症した後に、この疾患を発症しているという人もいる事が分かっています。
そのため何等かの免疫異常が関係していると考える人もいて、そういった面からの研究も続けられています。

スポンサーリンク

 過敏性腸症候群を発症した場合に現れる症状としては腹痛や腹部の不快感、それに伴う便秘や下痢等が挙げられます。
これらのどの症状が現れるかは人それぞれで、その特徴ごとにガス型や便秘型等という種類に分類がされます。
  例えばガス型は腸内に大量のガスが溜まるのが特徴となっていて、お腹が張ったりおならがよく出る等の症状が現れます。
ガス型は女性に多い種類だと言われていて、男性と比べて腹筋が弱い事等が要因だと言われています。
腸内のガスを体外へ逃がすには蠕動運動が必要ですが、腹筋が弱いと蠕動運動も弱くなるのでガスが溜まるのです。
そのためガス型の過敏性腸症候群に悩んでいる人は、腹筋を鍛える事で症状の改善を期待する事が出来ます。
  それ以外の治療方法としては食事・生活の指導や薬物療法、カウンセリング等の心理療法が挙げられます。
診察で患者それぞれの要因や原因を突き止めて、これらの治療方法の中で最も効果的だと考えられる方法を選択します。

スポンサーリンク