過敏性腸症候群 薬 効かない 原因

過敏性腸症候群で薬が効かない原因について等

スポンサーリンク

過敏性腸症候群とはその名の通りに腸に関わる疾患で、以前は過敏性大腸と呼ばれていました。
それが研究を続けた結果として大腸のみならず、小腸にも機能障害が確認されて現在の名前へと変更がされています。
 この疾患の一番のポイントは腹痛等の症状が現れているにも関わらず、様々な検査をしても原因が不明な点になります。
そのため効果的な治療方法がなかなか見付からないケースも少なくなく、長い間に渡って悩まされる事もあります。
 過敏性腸症候群の原因に関わる事柄としては、消化管の運動異常や知覚過敏、心理的なものの3種類が挙げられます。
ただしこれらの事柄がどのようにして症状を発生されているのかについては不明で、今も研究が続けられています。
また患者の一部は感染性の腸炎を発症した後に発症しているため、何等かの免疫異常が関わっている可能性も考えられます。
ちなみに仕事等によってストレスを多く蓄積させていると、発症しやすくなったり症状を悪化させたりする事も分かっています。

スポンサーリンク

 過敏性腸症候群を発症した場合に現れる症状としては腹痛や腹部の違和感、それに伴う下痢や便秘等が挙げられます。
これらのどの症状が現れるかは人によって異なり、また痛み方にも個人差があると言われています。
 それ以外にも腹部の膨満感やおならがよく出る、空腹でもないのにお腹がゴロゴロと鳴る等の症状が現れる事もあります。
 過敏性腸症候群の治療方法は複数あり、現れている症状の種類等によって治療方法が選択されます。
代表的な治療方法としては薬物療法や生活・食事の指導、カウンセリング等が挙げられます。
 中でも薬物療法は一般的によく行われるのですが、患者の中には効かないと訴える人もいます。
この薬が効かないという状態になる理由は様々ですが、代表的なものとして薬に耐性が出来ている、薬が自分に合っていない等が考えられます。
前者の耐性が出来るというのは便秘薬等にも見られるもので、使い続ける事で体が慣れてしまい効かない状態になってしまうのです。
後者についてはどの薬についても言える事ですが、自分の体質に合っていない等が原因で効果が出ないというものになります。

スポンサーリンク