水様便 腹痛なし 原因 対処法

腹痛なしなのに水様便が、原因と対処法は

スポンサーリンク

腹痛なしなのにもかかわらず、便が水のように緩い場合、病気の疑いがあります。
水様便が続く場合には、まず病院にいくことが大切です。
病院で診察した結果、特定の病変が見つからなかったとすると、過敏性腸症候群の可能性があります。
 過敏性腸症候群は、下痢型と便秘型、それらを繰り返す複合型があります。
下痢型の場合、水様便が数カ月から長くて半年ほど継続します。
水様便は一日数回にもおよび、場合によっては日常生活に支障をきたすこともあります。
腹痛なしの下痢なのも特徴です。
便秘型や複合型の場合も腹痛なしのケースが多いです。
 過敏性腸症候群の原因は、ストレスによる自律神経の乱れです。
そのため、検査をしても特定の病変は見つかりません。
さまざまな検査をした結果、なんの病変も見つからなかったときに過敏性腸症候群と診断されることが多いです。
この病気を完治させるためには、原因となっているストレスを消すことが一番です。
ストレスを上手に発散させることが求められます。

スポンサーリンク

 原因となるストレスを発散させることができれば一番良いのですが、実際にはストレス社会を生きる中で、それは難しい面があります。
そこで、日常生活に支障が出ないよう、下痢を抑えるなどの対処法が必要になります。
 男性の場合、下痢型が多いのですが、下痢を抑える薬が発明されています。
そのため、この薬を服用することが最善の対処法になります。
電車の駅ごとにトイレに駆け込んでいた患者も、この薬を服用することで下痢の頻度を下げることができます。
 女性の場合、便秘型や複合型が多いのですが、特効薬がまだありません。
そのため、下剤や整腸剤などを継続的に服用することが、事実上の対処法となっています。
これらの薬を服用することで、一時的には症状を緩和させることができます。
 根本的に治療するため、心療内科や精神科でストレスを緩和させる方法がとられることもあります。
一時的な対処法と併用することで、過敏性腸症候群を解消することができます。

スポンサーリンク