水下痢が続く 1週間 病気

1週間以上水下痢が続く場合に疑われる病気

スポンサーリンク

腸以外に、身体に何かしらの異常がある場合、水下痢が続く症状を起こす場合もあり、1週間以上も症状が改善しない場合には過敏性腸症候群以外に、慢性膵炎と呼ばれる膵臓の機能が弱まる病気の可能性も疑われます。
膵臓は消化液を腸に出す外分泌機能と、インスリンやグルカゴンなどの血中に出す内分泌機能を備えている臓器で、たんぱく質を分解する酵素や脂肪分解する酵素など、実に様々な酵素を分泌する機能も備わっています。
ですが、膵臓の機能が低下してしまうと、たんぱく質や脂肪の分解が不十分になるため、結果的に水下痢が続く症状を起こしやすくなります。
また、インスリンなどの分泌機能も低下してしまうことから、糖尿病を併発してしまいやすくなります。
冷たい物は腸に刺激となりやすく、アルコール類も例外ではないため、病気を予防する目的も踏まえてアルコール類は控えることが大切です。
また異なる病気としては、甲状せんホルモンが活発化される病気も1週間以上、水下痢が続く場合には疑われる内容です。

スポンサーリンク

甲状せんホルモンが過剰に出てしまうことで、様々な臓器の活動も活発化されてしまいます。
腸も例外ではなく、食べ物の消化吸収する時間が少なく、下痢を起こしやすくなります。
また、腸の炎症性の病気にはクローン病や大腸炎などを挙げることができ、どちらにしても精密検査で病名を特定する必要があります。
過敏性腸症候群に似た病気も、1週間以上の症状をしっかり医師に伝えることが大切で、注腸造影検査はだいたい30分程度で検査が済み、大腸内視鏡検査はだいたい15分程度で済むため、自覚症状に気付いた時に専門となる医療機関を受診することが大切です。
万が一、過敏性腸症候群と異なる病気が発見された場合にも早期治療が可能となるため、早い回復や完治に繋がります。
治療法も実に様々で、手術を必要としない場合、薬物療法で便性状改善を図ったり、生活のリズムや運動機能を向上させて免疫力を高める治療法など、1人1人に適切な治療が提案され、回復や手術後のフォローまでしっかり行ってくれます。

スポンサーリンク