牛乳 下痢 時間 対処法

牛乳で下痢を起こす場合の対処法や回復時間

スポンサーリンク

冷たい牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロしたり、下痢を起こす場合があり、乳糖不耐症と呼ばれる過敏性腸症候群と同じ症状がみられる場合もあります。
体質的に乳糖を分解する酵素が不足していることが下痢を引き起こす原因ですが、冷たいままの牛乳ではなく、温めて飲んだり、時間をかけて少量ずつ分けて飲んだり、料理に利用することで症状が起こりにくくなります。
乳糖不耐症は消化不良などのために下痢をしたのがきっかけで、腸が敏感になって発症するケースもあり、いずれも牛乳が原因である場合には飲むことを控えることで症状が治まります。
また、過敏性腸症候群でも冷たい飲み物の摂りすぎに注意が必要で、敏感な腸管を刺激してしまいやすく、運動機能のバランスが乱れてしまいます。
特に冷たい飲み物を一気に大量に飲むことには気を付けたい点で、乳糖で便がゆるくなる場合がありますが、同じ乳糖でもヨーグルトは食べられるという例もあるため、食品選びには気を配ることも大切です。

スポンサーリンク

時間の経過とともに症状は回復しますが、突然の腹痛や便意に備え、対処法を知っておくことも大切です。
出先での対処法として、トイレに行けない状況では下痢止めを服用するのと同時に、腰から足を上着などで覆い、温めることもポイントです。
また、両手をすり合わせて温めた手で腰やお腹を擦るなど、適度に温めると症状が起こりにくくなるために老若男女問わず、誰もができる対処法の1つです。
また、下痢止めは使いすぎにも気を付けたい内容で、食あたりなどに使う殺菌作用のある薬剤もあり、こうしたタイプは過敏性腸症候群の下痢には不向きです。
時間の経過とともに回復に向かうため、整腸薬などが適しています。
特に近年、子供にもみられる病気でもある過敏性腸症候群の下痢に繋げないための対処法も知っておきたい内容です。
朝食や給食などでは健康や成長を促す目的で牛乳が出されますが、朝食とトイレの時間を逆算することがポイントです。
胃腸反射は1日のうちで朝にもっとも起こりやすく、早めに起床して胃腸を起こし、朝食後にトイレタイムを設けることがポイントですし、給食では疾患であれば乳糖の食品を省くことも相談できます。

スポンサーリンク