泥状便 原因 幼児 子供

幼児や子供の泥状便の原因は水分

スポンサーリンク

泥状便は、境界がほぐれて崩れそうな便の性状を指しており、形はあるが半固形状となるやや軟便に近い性状です。
近年、幼児や子供にも過敏性腸症候群による排便のトラブルは増えており、この病気の背景には様々なストレスが潜んでいる場合が多いのも特徴です。
原因の1つとしてストレスが挙げられており、幼児や子供も例外とは言えないのも実情として挙げられています。
環境の変化や対人関係が複雑に絡んでいる場合などもあり、発散する術を知らない幼児や子供は過敏性腸症候群にかかりやすいのが特徴です。
腸の症状では腹痛も多く見られ、特に小学生は腹痛が主症状でトイレに行きたくなるという例が多く見られます。
泥状便でも排便すると症状は治まるものの、お腹が張ったり、お腹がゴロゴロ鳴る腹鳴の症状が続く場合もあります。
また、泥状便の原因には水分量も挙げることができ、下痢に近い便は大腸での水分の吸収が不十分なため、水分量の多い便が排泄されます。

スポンサーリンク

乳幼児の場合には母乳による水分の量を図る必要があり、子供の場合にはジュースやアイスクリームなどの冷たい水分量の多い間食を控えることによって下痢を抑制させることが可能です。
過敏性腸症候群の場合、大腸のぜん動運動が増加するため、軟便や水様便になりやすく、胃に食べ物が入ると胃腸反射と呼ばれる大腸の運動が活発になり、食事ごとに下痢をする場合もあります。
お腹の具合が良くない場合、食べ物や飲み物に気を遣ってしまいますが、症状が激しい時には対症療法として食事に工夫を行い、腹八分目に摂ることもポイントです。
また、腸管の運動機能をコントロールするためには、不足しているものを補ったり、食べ過ぎに気を付けることが大切です。
暴飲暴食も原因の1つですが、度を越すような量でなければ多少は飲食しても良く、ムリに内容を制限することは子供にとってかえってストレスになりやすくなるため、できる範囲で気を付けることも対策の1つです。

スポンサーリンク