泥状便 原因 対処法

泥状便が続く原因と対処法とは

スポンサーリンク

ストレスが継続的にかかると、下痢や便秘が続くことがあります。
これは、自律神経の乱れから生じる過敏性腸症候群という病気の可能性があります。
過敏性腸症候群は、ストレスが主な原因なので、ストレスのもとを断つことが最も重要な解決策です。
しかし、それはストレス社会を生きる現代人にとって、難しいといえます。
大切な会議の前など、緊張する機会は多く、ストレスを感じる機会をゼロにするのは大変です。
そこで、対処法を探る必要があります。
 対処法は、下痢型か便秘型か、複合型かによって異なります。
過敏性腸症候群には、この三つのパターンがあるのです。
男性の場合、下痢型が多いという特徴があります。
下痢型の場合、泥状便が続きます。
泥状便というのは、字の通り、便の形状が泥のようにやわらかいことを意味します。
対処法としては、腸の水分量を調整する薬を服用することが挙げられます。
病院にいき、腸に異常がなく、下痢の原因が不明であれば、過敏性腸症候群が疑われ、水分調整薬をもらえます。

スポンサーリンク

 女性の場合、泥状便が続くことは少ないです。
ホルモンの関係で、女性は下痢型や下痢と便秘を繰り返す複合型が多いのです。
この場合、整腸剤を飲みながら、便秘を解消するため、下剤を処方されることになります。
 男女問わず原因は共通しており、ストレスを解消することが肝心です。
ストレスが続く限り症状が治まらないため、あまりにも症状が続く場合には、心療内科や精神科の受診を勧められることもあります。
一般的な過敏性腸症候群であれば、長くても半年程度で症状が治まります。
ストレスの程度によって期間は変わるので、医師と相談しながら、治療方針を考えていく必要があります。
 男性の過敏性腸症候群については、研究が進み、特効薬も開発されています。
しかし、女性の場合、メカニズムが少々異なるため、特効薬がいまだ存在しないのが現状です。
とりわけ下痢型の女性は少なく、下痢型の女性に効果のある治療を開発するため、研究者は日々研究を進めているところです。

スポンサーリンク