下痢 蕁麻疹 病気 原因

蕁麻疹という病気と下痢という症状の原因について

スポンサーリンク

ここでは「下痢」と「蕁麻疹」という全くジャンルが異なるように見える2つの病気・症状の意外な接点や原因を探ってみましょう。
一般的に下痢という症状が現れるのは、胃腸炎という病気になっている場合です。
胃腸炎はウイルスや細菌(サルモネラ菌・カンピロバクター・ノロウイルス・ロタウイルス)が原因となって引き起こされます。
こうなると、下痢だけでなく嘔吐・発熱・頭痛などの症状を伴うことがあり、重症の場合には数日間の入院が必要になります。
また、胃腸炎という病気は細菌やウイルスだけが原因とは言えません。
ストレスが蓄積して自律神経が乱れることによって「ストレス性過敏性腸症候群」になることもあるのです。
胃腸炎に罹って酷い下痢の症状が出ると、早く治したいと思って下痢止めを服用したくなりますが、これは間違いです。
止めてしまうと細菌やウイルスは体内に留まり続けてしまうのです。
ですから多少苦しくても体内の菌を排出し切るまでは安静にして消化の良いものを食べ、水分補給を怠らないようにすることが大切です。
ところがここで、カフェインや刺激物、脂ものなどを摂取してしまうと、弱っている胃腸が刺激されて症状は重くなってしまいます。

スポンサーリンク

では、症状が重くなると人体はどのような反応をするのでしょうか。
そこで登場するのが蕁麻疹です。
体力が弱くなっていると蕁麻疹は出やすくなります。
普段は何の問題もなかった食べ物にも反応してしまうことがあります。
ですから胃腸炎に罹っている間は食物アレルギーを引き起こす食品を避けるのが賢明です。
また胃腸炎そのものにならないために、要因の一つに数えられるストレスを溜めないことや、手洗い・うがいの徹底などという予防をすることも大切です。
さて、ここまでは胃腸炎によって蕁麻疹が引き起こされることを書いて来ました。
ところがこのベクトルは一方通行ではないのです。
すなわち蕁麻疹は皮膚にだけ症状が現れるものではなく、体内の粘膜に出来る場合もあります。
例えば腸の粘膜が蕁麻疹によって腫れてしまうと、下痢・嘔吐・腹痛の症状が現れます。
もしも体の中と外の両方が蕁麻疹に冒されてしまえば、体内を循環している血液量が減少し、脱水状態になったり最悪の場合にはショック状態になることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク