胃腸炎 水下痢 嘔吐なし 原因

嘔吐なしだが、胃腸炎や水下痢が長引く、その原因とは

スポンサーリンク

現代社会はストレス社会です。
男女問わず社会の中で仕事をし、さまざまなストレスに日々さらされながら生活しています。
体の中にある内臓は、ストレスに敏感に反応します。
そのため、現代社会では胃腸炎や下痢、便秘などに悩まされる人が増えています。
 嘔吐なしだけれども、胃腸炎や水下痢が継続した場合、過敏性腸症候群という病気の可能性があります。
過敏性腸症候群には、下痢型と便秘型、それらを交互に繰り返す複合型の三種類があります。
下痢型の場合、嘔吐なしですが、中毒に陥ったときのように水下痢を起こします。
水下痢は数カ月、長くて半年にもおよび、長期化する傾向にあります。
こうした症状が続き、病院で受診しても内臓に病変が見つからなかった場合、下痢型の過敏性腸症候群と診断されることが多いです。
過敏性腸症候群は、自律神経の乱れから生じるものなので、内臓に病変が見つかることはなく、原因不明の下痢が継続すると疑われる病気なのです。

スポンサーリンク

 過敏性腸症候群は、ストレスからくる自律神経の乱れが原因にあるので、胃腸炎も併発することが多いです。
そのため、病院では胃薬や整腸剤など、胃腸に関するたくさんの薬を処方されます。
嘔吐なしというのも一つの特徴であり、食欲不振にはなりにくいです。
 男性の過敏性腸症候群の対処法としては、特定の薬の服用になります。
男性に効果のある薬が発明されており、それを服用すると下痢を一時的に止めることが可能になっています。
男性の場合、下痢型の症状が最も多いです。
 女性の場合、便秘型や複合型が多いのですが、特効薬がいまだ発明されていません。
そのため、腸内の水分量を調整する薬や下剤などを服用することで対処しています。
 男女問わず、最も良い対処法はストレスを適度に発散してため込まないようにすることです。
過敏性腸症候群の原因はストレスにあるため、ストレスを上手に解消することが何より重要な治療になります。
そのため、あまりに症状が長期化する場合には、心療内科を勧められることもあります。

スポンサーリンク