授乳中 腹痛 原因 対処法

授乳中に引き起こされる腹痛を伴う下痢の原因と対処法とは

スポンサーリンク

出産後のトラブルとして、多く見られるものに下痢があります。
強い腹痛を伴うほどの下痢は、肉体的にも精神的にも負担が掛かりますし、授乳中であれば赤ちゃんに与える影響も気になるという人も多いのではないでしょうか。
授乳中に腹痛を伴う下痢の原因には、いくつかの事が考えられます。
最も多いこととしては、ストレスやホルモンバランスの乱れがあります。
出産後は、家事や育児などこれまでの生活は無かった事を多く行わなければならず、睡眠不足や慢性的な疲れなどの生活が続きやすくなります。
その結果、ストレスが溜まりやすくなるとともに、出産によるホルモンバランスの乱れから自律神経が乱れるため下痢を引き起こしやすくなります。
場合によってはそれが原因で過敏性大腸症候群が引き起こされる場合もあります。
もし、便秘と下痢を繰り返す、膨満感がある、ガスが溜まるなどの症状が見られる場合には、注意が必要です。
さらに、出産によって骨盤に歪みが見られるという事が原因となっていることもあります。

スポンサーリンク

授乳中の下痢や腹痛に対する対処法としては、食事の方法や内容を見直すということがあります。
産後は母乳により栄養が奪われがちになりますし、短時間で食事をせざるを得ないため、早食いになってしまいがちです。
ストレスなどの影響により、胃腸の消化機能が低下している中でこのような食事をしていると、食べたものが十分に消化されず、下痢を引き起こす原因になります。
和食を中心にバランスの取れた食事を心がけたり、よく噛んで食べるということが大切になります。
その他の対処法として、骨盤矯正を行なうという方法があります。
骨盤を整え、骨盤底筋を鍛えることで、症状を抑える効果を期待することが出来ます。
また、医療機関に相談をするという対処法もあります。
授乳中であるという事を伝えることで、赤ちゃんに悪影響のない薬を処方してもらうことが出来る場合もあります。
腸内環境を整えることが出来るような食事を心がけた上で医薬品なども取り入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク