ワイン 下痢 原因 対処法

ワインで下痢を起こす場合の、原因と対処法とは

スポンサーリンク

ワインは非常に人気の高いお酒ですが、飲んで下痢を起こすという人は、少なくありません。
そのタイプとは3つの原因に分かれます。
一つ目は、単純に水分を多く飲むことが原因で、便がやわらかくなる症状です。
これは、飲水量が多いと考えられ、飲む量を減らすこと自体が対処法となります。
二つ目は、ワインに含まれる、アルコール成分です。
アルコール度数は、8〜14%と、他のお酒と比較しても、アルコール度が高いです。
アルコールによって胃腸の働きが鈍くなると、消化不良を起こすことが、下痢の原因となります。
この対処法としては、アルコールの量を知り自身の身を守ることで防ぐことができます。
三つめは、ワインに含まれる酸化防止剤です。
酸化して風味や味が損なわれないように、添加されるものですが、これが下痢の原因の一つであるとされています。
この酸化防止剤の含まれていないものも販売されていますので、それを選んで購入することが、この場合の対処法となります。

スポンサーリンク

ワインでの下痢を防ぐ方法としては、先に挙げた自分の傾向と特徴を知ることで、概ね防ぐことができます。
お酒は、清涼飲料水と比較しても、多く飲むことができます。
そのため、水分過多になることも多く、それを知るだけでも対処できます。
その日のうちに症状が出る場合は、単純に水分過多になっていることが多いと考えられます。
そうでなく、翌日に下痢症状が出る場合は、アルコール度数の問題か、酸化防止剤が原因の可能性が高く考えられます。
ワインは、とても高いアルコール度数です。
自分がどの程度のアルコールを摂取すると、下痢を引き起こしやすいのか、考える必要もあります。
これは色々な種類のお酒を飲む人が試せる方法ですが、多種のお酒のアルコール度数を換算して、どの程度のアルコール摂取で症状が出るかを比較することができます。
ある一定量で、症状が出ているのであれば、その適量を自身でわきまえることで、対処することができると言えます。
ワイン自体が好きであれば、下痢の特徴を知り、飲用方法を考えることで、ワインを楽しむことができます。

スポンサーリンク