水下痢 病院 何科

水下痢が続く場合には何科の病院を選択するべきか

スポンサーリンク

便の性状によっては病名がつく病気に分類される場合があり、軟便よりも水分を含んで固まりのない液状の水下痢の場合には過敏性腸症候群の疑いが挙げられます。
慢性的なお腹の病気で、腹痛や水下痢、ガスなどの症状に悩まされ、日常生活に支障をきたすことも少なくない病気です。
何科に相談に足を運ぶべきなのか、悩むケースも意外と多く、通常はかかりつけ医に相談した後、病院を紹介してもらう流れですが、何科を受診すべきなのかは精神的にも関わる問題でもあり、注意して選択する必要があります。
冷えや食べあわせによってお腹をくだす場合があるため、一般内科を受診するケースは多いものの、過敏性腸症候群の場合、腹痛と便通異常を主体とする消化器症状が続くものの、その原因として身体的な検査をしても器質的な異常がなく、機能面での異常だけが現れている病気に分類されているのが特徴です。
ですので、検査で異常がないのに水下痢が続く場合、消化器の働きが何らかのストレスの影響を受けやすいため、ストレスが原因となる場合も挙げられています。

スポンサーリンク

そのため、何科を受診すべきかは定まっておらず、消化器内科が専門分野であるものの、心療内科を中心に専門的な治療を進める病院も増えています。
最新の薬物療法や心理療法、食事を含めたライフスタイルの改善法が示されるのも病院での治療の特徴の1つで、生活に支障が出ないための対策までが提案されています。
病院での診察では、便通と腹部の症状を具体的に伝える必要があります。
困っているのは下痢なのか便秘なのか、下痢の場合は1日の排便回数と便の性状などを伝えますが、こうした水下痢などの症状がいつ頃から起こったのかもしっかり伝えることが重要です。
また、過敏性腸症候群の場合には、消化管は見た目に変化がなく、機能的な異常であるため、自分自身の感じ方や自覚症状の説明が治療を進める上で欠かせない情報となります。
また子供にも水下痢を起こす過敏性腸症候群の診断がつけられる場合もあり、この場合には小児科でも適切な診療ができる例も多くなっています。

スポンサーリンク