下痢 漏らす 原因 対処法

下痢で漏らす原因と対処法

スポンサーリンク

腹痛や下痢、おならがよく出る、便を漏らすなどの症状を繰り返す、腸の検査をしても異常がないなどの方がいます。
毎日のお腹の不調で悩んでいる方は少なくありません。
毎日、便やおなら、下痢で悩んで暮らすことはどんなに精神的に苦痛で辛いことでしょう。
腸内検査で異常がない方の原因はストレスと考えられます。
腸は敏感で繊細にできているので精神的なストレスで精神が乱れると敏感に反応して調子が悪くなります。
下痢、便秘を繰り返し、便を漏らす症状が続く方は、過敏性腸症候群かもしれません。
ストレスが原因で起こる病気です。
ストレス社会となってしまった現代では、様々なストレスを抱えてしまいます。
毎日の生活の中で小さなストレスが重なり解消できなくなってしまう方も多いです。
また、大きなショックがあり心に痛みを抱えてしまう方もいます。
そんなストレスが引き起こし腸の調子を悪くして様々な症状を起こし苦しめています。
症状を緩和する対処法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群のチェックをしてみましょう。
腹痛を伴う下痢をよくする、便秘と下痢を繰り返す、排便した後は痛みが治まる、休日には症状が出ない、食欲は普通にある、体重に変化がないなどがチェック項目です。
項目に当てはまる方は、過敏性腸症候群を疑って治療をしましょう。
原因がストレスなのでストレスを解消できると症状は落ち着きますが、すぐには難しいです。
対処法は、周囲の方にお腹が弱いと言うことを告げておく、外出時にはトイレの場所を確認しておく、漏らすことを考えて下着を持って行く、お腹を冷やさないようにする、薬を持参しておくなどがとりあえずできることです。
根本的な対処法は、ストレスをなくすことなので、少しずつ心を落ち着かせていきましょう。
考えすぎることは、脳が過剰に反応してストレスになりますのであまり考えず、症状がある間はトイレに行く、漏らすことがあっても気にせず着替えればよいことです。
気にしないでいたら症状は落ち着き安定してきます。

スポンサーリンク