過敏性腸症候群 診断書 内容

過敏性腸症候群の診断書内容について

スポンサーリンク

過敏性腸症候群とは、医師による診断書を貰って診断内容を見ても身体的には何の問題もないのに関わらず、下痢・腹痛・ガス発生・便秘といった腸に関する異常がでることです。
一般的にこの過敏性腸症候群には精神面の影響が関係していると言われています。
そこからくる身体的な不調がさらにまた精神面に影響しさらに症状が悪化する…そんな悪循環に陥ることもしばしばです。
診断書の内容に"異常なし"と出るだけなのもストレスを加速させる要因の一つでしょう。
これらの症状がひどくなるとまともに活動することすらままなりません。
トイレに行けない状況に置かれることによる緊張感からこれらの症状が出る場合もあり、そうなるとかなり厄介です。
真面目で人の目を気にしがちで、悩みを心の奥に隠しがちな人、つまりうつ病になりやすい人がこの症候群にもなる確率が高いと言われています。
また、偏食や喫煙、睡眠不足といった生活の乱れによって引き起こされる場合もあるので当てはまる人は注意しなければなりません。

スポンサーリンク

ならば過敏性腸症候群になってしまったらどうすればいいのか。
医師からの診断書の内容を見てもどうしようもないのならどのようにすればいいのか。
解決策を見つけていきましょう。
まずは前述したような生活リズムの乱れを改善していきましょう。
しかし禁煙に関しては自身だけの力では難しいので、場合によっては病院で診察してもらうことをオススメします。
そして精神面に関してはストレスを軽減してやる必要があるでしょう。
しかし、身の回りの環境や自分自身の心持ちはそう簡単に変わるものではありません。
なので新たにストレスを解消できる息抜きの時間を設けるべきでしょう。
それでも改善しない、そもそもそんな余裕がないという場合は、思い切って引っ越しや転職で半ば強引に自分自身を取り巻く環境を変えてみるのも一つの手かもしれません。
しかし、環境の変化もまた多かれ少なかれ精神面への負担となってしまうので、あくまでも最終手段とすべきでしょう。
とにかく、一番大事で、簡単な対処法はリラックスすることでしょう。

スポンサーリンク