過敏性腸症候群 大腸がん 違い

過敏性腸症候群と大腸がんの違いについて

スポンサーリンク

過敏性腸症候群は、特に大腸、小腸に器質的な病変が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘などを起こす慢性疾患のことです。
腸管の運動が異常に亢進したり、刺激に対する反応が過敏になるために起こると考えられています。
過敏性腸症候群は現代社会に増加している疾患のひとつであり、10〜30歳代に多くみられます。
心因性が原因であることが多く、ストレスの多い先進国に多くみられる疾患です。
過敏性腸症候群には腹痛、膨満感、便秘と下痢が交互に起こる不安定型や、ストレスや不安を感じると持続的、あるいは間欠的に神経性の下痢を引き起こす慢性下痢型があります。
更に、排便前後に下腹痛が起こり大量の粘液が排泄される分泌型や、ガスが腸内に溜まり頻繁に臭いが強いおならが出るガス型などもあります。
過敏性腸症候群は腹痛、膨満感、便通異常、嘔吐などが主な症状ですが、頭痛、めまいなどを伴う自律神経失調症状や睡眠障害、うつ病などといった消化器系以外の症状が現れる場合もあります。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群と大腸がんなどの別の腸疾患は症状が似ている部分が多く、症状だけでその違いを判断することは難しい場合があります。
診断には便潜血検査、尿検査、血液検査、腹部超音波検査、大腸内視鏡検査などを行なう必要があります。
心身症としての側面もあるため、問診以外にも性格テストなどの心理検査を行なう場合もあります。
これらの検査を行なうことによって結果に異常が認められれば、その症状は過敏性腸症候群とは違い、大腸がんなどの別の疾患である可能性が高くなります。
しかし、検査で特に大腸がんなどの疾患が見当たらないのに、腹痛あるいは腹部不快感が1か月につき3日以上あるものが3か月以上続き、その症状が排便によって軽快したり、発症時に排便の頻度や便の形状に変化がある場合は過敏性腸症候群と診断されます。
治療においては大腸がんなどの疾患と違い、直接生命に関わることはありません。
しかし、症状が改善されるまでに時間がかかるため、根気強く食事療法や運動療法などを続ける必要があります。

スポンサーリンク