過敏性腸症候群 退職 理由

過敏性腸症候群も退職の理由になる

スポンサーリンク

過敏性腸症候群の下痢型と便秘型は、症状から比較すると正反対の便の性状ですが、消化管の運動を比較した場合、どちらも運動が高まっていたりS状結腸が痙攣するなどの機能的な異常によって症状が起こっています。
また、消化管の知覚が敏感なために、少しの刺激によって便意を催したりガス症状などが起こりやすくなり、生活面に支障をきたす場合も挙げられます。
過敏性腸症候群は社会人にも多い疾患で、常に便通が気になり、仕事が手につかないなどの退職理由も実情として挙げられています。
症状が単に身体的なものだけである場合には、長期間の休暇を取得することで回復させることは可能ですが、心理的な要素が大きく関わっていることも退職を考える人、退職した人の理由に挙げられている内容です。
心のコントロールに加え、胃腸が敏感で、少しのことに反応しやすい症状を繰り返し、再発しやすいことも理由の1つです。
また、腹痛と便意で出勤途中にトイレ下車するなどの行動によって遅刻が多くなり、会社に行くこと自体が困難になる人もいるほどです。
対策としては消化管機能調整薬を使用することで大腸の過剰な運動をコントロールし、下痢を防ぐことができます。

スポンサーリンク

しかしながら、過敏性腸症候群で退職にまで追い込まれてしまう理由は、精神症状が大きく影響しており、特に注意が必要なのは抑うつ型です。
落ち込み方も激しく、様々なストレスが絡み合い、一般的な治療を受けても功を奏さない場合も少なくはなく、症状を長引かせてしまう例もあります。
抑うつ型は社会で現役として活躍するシニア世代にも見られ、その背景には身体的な機能の低下をはじめ、仕事や地位の喪失などがあり、下痢あるいは便秘などの症状を引き起こしています。
腹部の症状だけではなく、不眠や倦怠感、集中力の低下なども招きやすくなり、治療する期間も1人1人で違うために早期退職する社会人も増えています。
再発することもあるため、治療は心療内科や精神科などを含め、消化器科との連携によって行われるのも特徴です。
薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬などが用いられるなど、困った症状を改善するための対策と同時に心に作用する治療が進められる特徴があり、社会復帰できるまでの回復をサポートしてくれます。

スポンサーリンク