過敏性腸症候群 ガス 漏れ 完治

ガス漏れは過敏性腸症候群による症状で完治よりも緩和がポイント

スポンサーリンク

最近では、便秘などの便通異常よりも腹痛や腹部膨満感などのガス症状が中心と呼ばれている、過敏性腸症候群の周辺群の患者数や予備軍が増加傾向にあります。
ガス、いわゆるおならが出て困る人も少なくはなく、腹部の症状に関しては消化管機能調整薬でも抑えることができます。
また、下痢型のタイプでは大腸でぜん動運動が高まり、便を適度な硬さにすることができずに液状の水様便になりやすいのが特徴で、S状結腸では腸の出口付近で便をこらえることができず、幼児や子供の場合には便を漏らすこともあります。
ガス漏れや便の漏れに対する治療も消化器科では提案しており、他の便通異常となる身体的な病気が潜んでいる可能性も否定できないため、一般的には血液検査や便検査、必要に応じて大腸内視鏡検査なども行われます。
客観的に見ると軽度の下痢やガス症状であっても、過敏性腸症候群の場合にはストレスに結びつくため、悩みに応じて必要な検査や治療が進められます。

スポンサーリンク

完治する病気とは異なるのも過敏性腸症候群の特徴で、自律神経にも左右されるためにストレスなどによって再発しやすく、完治を目的とするよりも緩和や上手な付き合い方を医療機関では治療方針として提案しています。
ガス漏れや腹部膨満感を防ぐ食事の工夫も医療機関で指導しており、例えば、炭酸飲料などはおならが出やすく、腸内の内容物が発酵すると臭いが強くなります。
漏れる際に臭いが周囲に不快感を与えるなど、精神的な思考によってそれがストレスに繋がるため、悪循環となりやすいのも例として多い内容です。
イモ類はガスが腸内に発生しやすいものの、臭いは弱く、逆に豆類などは腸内で発酵しやすく強烈な臭いを放つために注意が必要です。
また、健康体に導くためにも腸内の善玉菌が優勢である必要があり、ヨーグルトや味噌、食物繊維などをバランス良く摂取することで自律神経のバランスも保つことに繋がります。
完治させるにも薬物療法も展開されており、ガス減少薬やぜん動制御止痢薬などが用いられています。

スポンサーリンク